北陸エリアの電力自由化◆地元新電力4社の電気料金を比較

2016年4月に電力自由化が始まり、多くの方が様々な業種の「新電力」と呼ばれる電力会社に変更しているのではないでしょうか。

現在では、全国の新電力の事業者数は400以上におよび、今回ご紹介する北陸地方においても数多くの事業所が参入しています。

そんな状況では、我々一般消費者はどの電力会社が良いのか?と迷って当然ですね。

そこで今回は、北陸エリアに注目して、北陸電力の電気料金や北陸エリアで選べる新電力の電気料金を比較してみようと思います。

北陸エリアの電力自由化│4社の電力会社の電気料金を比較

1. 北陸電力の電気料金プランを簡単解説

北陸電力は、主に北陸4県(岐阜県(飛騨市神岡町)、富山県、石川県、福井県(一部を除く))を営業地域とする電力会社です。

北陸地方は地理的に山岳地帯が多く、戦前から水力発電が盛んに行われていることもあり、安価で電力を大量供給できる地域の電力会社として発展してきた歴史があります。

料金プランは、

・従量電灯B(一般家庭向け)

・従量電灯C(店舗や事務所向け)

以上の以前からあるスタンダードな料金プランと、電気自由化が導入されて以降、

・くつろぎナイト12

夜8時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプラン

・節電とくとく電灯

北陸電力の「ほくリンク」に会員加入しているのが条件。

北陸電力から予め事前にメールで告知した日時に節電すると、その実績に応じて電気料金が割り引かれます。

・節電とくとくプラン

「ほくリンク」の会員、及び「くつろぎナイト12」に加入しているのが条件。

北陸電力から予め事前にメールで告知した日時に節電すると、その実績に応じて電気料金が割り引かれます。

と、新たなプランが提供され、一風変わった事前告知によって割引になる「とくとく電灯・プラン」は珍しいですね。

ここでは、新電力との比較のために、「従量電灯B」の料金単価をご紹介します。

北陸エリアの電力自由化│4社の電力会社の電気料金を比較

◇「従量電灯B」

北陸電力でも、「基本料金+電力量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金」の合計が電料金となります。

・基本料金(1契約あたり)

アンペア数 料金単価(税込)
10A 237円60銭
15A 356円40銭
20A 475円20銭
30A 712円80銭
40A 950円40銭
50A 1,188円00銭
60A 1,425円60銭

・電力量料金(1kWhごと)

区分 料金単価(税込)
最初の120kWhまで 17円52銭
120kWhをこえ300kWhまで 21円33銭
300kWh超過分 23円02銭

また、最低月額料金は、178円08銭/1契約と設定されています。

詳しく電気料金を調べたい方は、北陸電力のWebサイトにおいて電気料金シミュレーションができますので、そちらをご利用ください。

2. 北陸電力エリアで契約できる新電力の電気料金比較

次に、北陸エリアで選択可能な新電力は、

・auでんき

・Looopでんき

・HTBエナジー

・ヤマダのでんき

など、他にもたくさんの新電力事業者はありますが、北陸エリアで代表的な4事業者となります。

それでは、4事業者の簡単な特徴と料金プランを北陸電力の「従量電灯B」をもとに比べていきましょう。

北陸エリアの電力自由化│4社の電力会社の電気料金を比較

・auでんき

auはKDDIですが、いわずと知れた国内最大手の通信事業者ですね。

KDDIでは、自社のケータイ・スマホの利用者を対象とした電気の小売サービス「auでんき」を、2016年4月からの電力自由化に合わせてサービスを開始しています。

電気料金プランは、

・auでんきMプラン

・auでんきLプラン

と、北陸電力の従量電灯と同様に、Mプランはご家庭向け、Lプランは店舗・事務所向けとなっています。

電気料金の仕組みや料金単価は北陸電力とほぼ同じ料金になっています。

しかし、auでんきに契約すると、利用額に応じて電気料金の1~3%がau wallet(プリペイドカード)にキャッシュバックされるサービスを行っています。auでんきは、この分がお得になります。

つまり、「auでんき」の場合、毎月の電気の使用量(kWh)が多い人ほどお得になるようです。

・Looopでんき

Looopでんきは、沖縄電力以外の全国9エリアを対象にしている新電力です。

電気料金プランは、基本料金は0円

これは、北陸だけでなく全国全てのエリアで基本料金は無料になっています。

電力量料金は1種類のみで、おうちプラン(北陸エリア)では21.00 円/kWhと、これだけ。使った分だけの支払いとなります

・HTBエナジー

HTBエナジーは、皆さまよくご存じの大手旅行代理店のH.I.S(エイチ・アイ・エス)が設立した新電力です。

使用量や契約アンペアに関係なく、一律5%安くなるという大きな魅力があります。

料金プランは、各地区で愛称があり、北陸エリアでは「北陸ます寿司プラン」として、30A(アンペア)以上からの契約になります。

・基本料金(1契約あたり)

アンペア数 料金単価(税込) 北陸電力(従量電灯B)
30A 677円16銭 712円80銭
40A 902円88銭 950円40銭
50A 1,128円60銭 1,188円00銭
60A 1,354円32銭 1,425円60銭

・電力量料金(1kkWhごと)

区分 料金単価(税込) 北陸電力(従量電灯B)
最初の120kWhまで 16円61銭 17円52銭
120kWhをこえ300kWhまで 20円23銭 21円33銭
300kWhをこえる分 21円84銭 23円02銭

以上の様に、基本料金、電力量料金ともに、5%単価を安く設定しています

・ヤマダのでんき

「ヤマダのでんき」は、こちらも皆さまご存知の家電量販店で有名な「ヤマダ電機」が運営している新電力です。

先でご紹介した「HTBエナジー」と業務提携して提供を開始した電力サービスです。

電気料金については、auでんきと同様に北陸電力のものと全く同じです。

しかし、国内900店舗以上のヤマダ電機や、ベルメゾンネット・ANAなどの提携先で1pt=1円として使えるヤマダポイントを、月の電気料金に応じた最大6%の還元率でキャッシュバックを行っています。

このように、電気料金に応じてヤマダポイントがキャッシュバックされるので、普段からヤマダ電機で家電などを購入している方にとっては、嬉しいサービスではないでしょうか。

3. まとめ

北陸エリアの電力会社の料金プランを一通りご覧いただきました。

全国どのエリアでも、電気料金では「Looopでんき」と「HTBエナジー」が他の事業所よりも安いと言えるでしょう。

北陸エリアでは、いわゆるご当地の新電力がいないこともあり、電気料金の節約をしたい方は、この2事業者がおすすめです。

また、北陸電力においても新プランを展開していることや、au、ヤマダ電機といった新電力でも電気料金に応じた特典を用意しているので、

色々な要素を考えて選びたいですね。

北陸エリアの電力自由化│4社の電力会社の電気料金を比較

関連記事

最近の投稿
人気の記事
ページ上部へ戻る